FAR-OUT ~日本脱出できるかな?~

現在は旅の記事をお休みし、旅関連の本を紹介する読書ブログに切り替えています。

タイのプチプラ・コスメ紹介 ~Beauti Cute編~

節約を兼ねてデパコス断ちし、泰流コスメに手を染め出して早数年。もともと韓流コスメが好きだったせいか、それらを模倣……もとい、オマージュしているメーカーが多い昨今のタイ産化粧品には、自分でもビックリするほどすぐ馴染めました。

以来、泰流コスメ沼は深まるばかり。コロナ禍で現地へ買いに行くことはまだまだ難しいものの、時間が有り余っているこのタイミングだからこそ、いままで紹介し損ねてきたブランドについて書き残しておこうといったテンションでございます。

 

Beauti Cuteってどこで買えるの?

そんな具合で、今回フォーカスするのはBeauti Cute(ビューティー・キュート)。2016~2017年頃からタイのセブンイレブン店頭で商品を目にしはじめました。が、正確な創業年やブランドのコンセプト、バックグラウンドなどは不明。

個人的な見解としては、これまで取り上げてきたメーカーの中でも比較的若年層をターゲットにしている印象があります。

f:id:emi13_farout:20210504144401j:plain

Beauti Cuteが買える場所はセブンイレブンの他、スーパーだとBig C(ビッグC)よりもTesco Lotus(テスコ・ロータス)が優勢。もっと言うと、Tescoの中でも小型店舗Tesco Express(テスコ・エキスプレス)での販売に力を入れている様子でした。

また、タイ産プチプラ・コスメの聖地Watsons(ワトソンズ)は意外と取扱が少なく、ラインナップの充実度を考えればやっぱりコスメ・ショップのEVEANDBOY(イヴアンドボーイ *詳しくはこちら)へ行くのがベターかと思います。

 

どんなアイテムを展開しているの?

f:id:emi13_farout:20210504144536j:plain

Beauti Cuteの特徴は2in1とか3in1をウリにしたアイテムが多い点でしょうか。例えば写真下のLip Eye Cheek Painting Color Smooth Long-Last

名前の通りリップにもアイシャドウにもチークにも使える3way仕様で、定価は49THB(約171円≒屋台飯1皿分)と現地の女の子も手軽に買える料金設定です。

f:id:emi13_farout:20210504144719j:plain

セブンイレブンでもよく見かけるこちらは2mlと小さめサイズで、ポソポソになる前に使い切れるメリットが。ご参考までにDiorのMaximizerとかあのへんの一般的なサイズは6ml前後。

このように容量を減らし、さらにウイダーinゼリーみたいな形状のパッケージ(スパウトパウチって呼ぶんですか?)にすることでコストをグッと抑え、なおかつ最後まで良い状態で使えるという、何ともよく計算されたアイテムなのです。

普段はあまり選ばない色味でも気軽に試せますし、マスクの着用でチークリップメイク頻度が激減している現在は、ことさらこのサイズで十分だなと感じました。

f:id:emi13_farout:20210504145013j:plain

その他、昨年のバンコク滞在で試し買いしたBeauti Cuteのメイクアップ商品もいくつか簡単に触れておきます。

 

3in1 Triple Lock Eyebrow

眉ブラシ、練り出しタイプの眉ペンシルチップパウダーが一体となったBeauti Cute得意の3in1アイテム。価格は定価の169THB(約591円)から99THB(約346円)に値下げされていました。

タイのBeauty Cottage(ビューティー・コテージ)など、同じ形状の他社製品に比べて、3in1 Triple Lock Eyebrowは少々ペンシルが硬め

f:id:emi13_farout:20210504145351j:plain

柔らかめの芯だと描きやすい反面、うっかりボテッと濃くなりすぎる場合もありますが、こちらは1本1本書き足していく感覚で、ナチュラに仕上がります。

POPには韓国の国旗が貼られていて、何かと思いきや、この1本でオルチャンメイク風のふんわり眉が作れるというアピールらしいです。韓国で製造されているわけではありません。紛らわしいな(笑)。

 

Blink Eye Shadow

続いてはPearl(#1)、Peach(#2)、そして写真のBrown(#3)の3色展開されているクリーム・アイシャドウです。こちらも定価198THB(約693円)から79THB(約276円)までディスカウント。

先のLip Eye Cheek Painting Color~と同様にサイズ感が素晴らしく、M·A·Cのミニサイズ・シリーズから出ているピグメントと同じくらい。イメージとしては座薬より気持ち大きめです(どんな例えだよ!)。

f:id:emi13_farout:20210504145746j:plain

イイ塩梅に伸びるため手持ちのアイシャドウと混ぜやすく、そうやって使うことを前提に「薄めのPearl(#1)も買っておくべきだった……」とちょっぴり後悔。

ちなみに、ウォータープルーフ効果もバッチリです。流石は常夏のタイで生まれた化粧品。商品説明欄には最大8時間キープと謳われていました。

僭越ながら1つ注意喚起。外装には「涙袋にも使える2in1」と大きく書かれています。そりゃ、アイシャドウは概ね上下まぶた兼用できるでしょうが。

どうやらBeauti Cuteは何でもかんでも2in1で売り出せばいいと思っているフシがあります。Blink Eye Shadowに関しては、私の独断で1in1と訂正させてください。

 

Lip Tint Twist

写真下のスティック型オイルティント199THB(約696円)から49THB(約171円)のセール価格でゲットできました。定番商品なのに75%オフ。Eveandboyの割引率は毎度えげつないです。

それはさておき、Lip Tint TwistシリーズはNude Pink(#1)、Nude Coral(#2)、Nude Brown(#3)と全3色すべてヌーディー

f:id:emi13_farout:20210504150212j:plain

店員さんから保湿力の高さをゴリ押しで説明されつつ、如何せんマスクで隠れているパーツの化粧はサボっているので、効果のほどはわかりません(こればっかりは長時間塗ってみないと判断できず)。

ただし、テスティングした感じはややしっとりしたテクスチャーだった気が……。いや、言うほどでもないかな……。どうだったか忘れました。

 

……と、モヤモヤしたままBeauti Cuteの話は締めさせていただきます。最後に、これまでアップしたメーカー別の記事も以下にリンクを張っておきました。暇潰しがてらチェックしていただけると物凄く嬉しいです。

Oriental Princess(オリエンタル・プリンセス)はこちらから
・Beauty Cottage(ビューティー・コテージ)はこちらから
・Beauty Buffet(ビューティー・ビュッフェ)はこちらから
・Mistine(ミスティーン)はこちらから
・Karmart(カルマート)はこちらから
・Srichand(シーチャン)はこちらから
・About Herbs(アバウト・ハーブス)はこちらから
・TenTen(テンテン)はこちらから
・IN2IT(イン・トゥ・イット)はこちらから

 

【お知らせ】東南アジアで買い付けてきたアイテムを販売中。春夏は水着やリゾート服を中心に、秋冬はアクセサリーを中心にラインナップしています。ぜひチェックしてみてください。

farout.theshop.jp

 

ランキング参加中。↓をぽちっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村