FAR-OUT ~日本脱出できるかな?~

現在は旅の記事をお休みし、旅関連の本を紹介する読書ブログに切り替えています。

タイのプチプラ・コスメ紹介 ~Oriental Princess編~

移住&開業資金を貯めるために日々節約に励み、デパコスとはすっかりご無沙汰な私。旅行へ行っても空港免税店は歯を食いしばってスルーです。でも化粧品は欲しい――そんな私は最近タイの化粧品に手を出すようになりました。

そこで、私が思うタイの3大プチプラ・コスメ・ブランド、Oriental Princess(オリエンタル・プリンセス)、Beauty Cottage(ビューティー・コテージ)、Beauty Buffet(ビューティー・ビュッフェ)を順に紹介したいと思います。

如何せん液体は重くて日本に持って帰るのが大変なので、メイクアップ・アイテム中心ということを最初に断り書きしておきます。では気を取り直して、初回はOriental Princessから。

 

Oriental Princessとは?

Oriental Princessはタイ産プチプラ・コスメの草分け的な存在。もともとタイのアロマ/スパ・グッズはクォリティーが高いことで有名だったようですが、そのぶん値段も高く、若い子たちにはとてもとても手が出ない……。

そこでタイ国内のハーブフルーツをふんだんに使ったお手頃価格のコスメを売ろうと、30年近く前に創業者がこのブランドを立ち上げたそうです。

f:id:emi13_farout:20190525134839j:plain 

そして時は流れ、開業当時は若かった女子たちもイイ感じに歳を重ねたわけですが、そうした元プリンセスを顧客に呼び戻すため、エイジング・ラインも強化。

ニキビやオイリー肌に悩むティーから、美白やシミ対策に必死なアラフォーアラフィフ世代まで、幅広い層に向けた商品を展開。ただ安いだけじゃなく、長年に渡ってタイ女性のハートを掴みまくっているのです。

お店はバンコクのいろんな商業施設に入っていますが、観光客がアクセスしやすいのはサイアム・スクエア本店MBKBIG Cラチャダムリ店あたりでしょうか。

ということで、ここからは実際に私が試した商品をレヴューしていきます。

 

Beneficial Ready To Wear Nourishing Face Colours

f:id:emi13_farout:20190525134923j:plain

415THB(約1430円)のブラシ一体型チーク。写真の色はIndependence(No.02)です。タイ人女性はチークにこだわりがあるみたいで、こちらのカラー展開もなかなか豊富な全7色

そこまで色付きが良くないのでうっかり厚塗りしがちですが、何と言ってもこの形状が素晴らしいの何のって。何度もチークを割り、そのたびにポーチを沼化させてきた私の救世主になってくれそうです。

 

Beneficial Kiss From A Rose Natural Face Tint

f:id:emi13_farout:20190525134933j:plain

リップとフェイスの両方に使えるオイル・ティントで、お値段215THB(約740円)。写真のカラーはBrilliant Pink Iceberg(No.01)です。

他にオレンジ系のHeart Breaker(No.2)、ダークレッド系のCherry Blossom(No.7)の計3色が店頭に並んでいました。No.7ってことは在庫切れなだけで、まだまだ他の色もありそう?

成分はバラカモミール由来らしく、肌への普段も少ない模様。ティント特有のポソポソした感じはあまりなく、リップと頬の色を合わせられるのでメイクに統一感が出るような気がします。

なお、140THB(約480円)で小型ボトルも扱っており、そちらのほうがロールオン型で使い勝手が良さそうだったんですが、残念ながら全色売り切れ。次行ったら絶対買います!

 

Ultimate Renewal Nourishing Lip Care

f:id:emi13_farout:20190525134844j:plain

リップ・トリートメント。お値段215THB(約740円)。SPF25で昼夜兼用です。

何種類かあるOriental Princessのリップケア・アイテムの中で一番滑らかなテクスチャーだったのと、あとは高そうに見えるパッケージだったので効果があるかな~と思って購入。昼は昼用で使い分けたい方は、UVカット機能を強化したNatural Sunscreen UV Protection Lip Careも良さげでした。

 

Soft Cushion Lip Cream

f:id:emi13_farout:20190525134911j:plain

色付きのリップクリームで、お値段275THB(約950円)。写真はNude Brownです。他にCreamy WhiteとPink Angleの2色がありました。Creamy Whiteはリップ・コンシーラーと下地の効果を1本で担ってくれそうな優れもの風でしたが、こちらも残念ながら在庫切れ……。

で、成分はミモザとヒマワリ由来で、自然なしっとり感が出ます。バンコクの冷房地獄でカピカピになっていた私の唇を救ってくれた一品。おませなキッズも安心して使えるかと思います。

 

Absolute Treatment Extra Lifting Eye Treatment

f:id:emi13_farout:20190525134858j:plain

目元用の美容液。お値段595THB(約2050円)。同じシリーズで〈UV Moisture Bright〉っていうのもありましたが、名前からしてアンチ・エイジング感が強そうだったため、こちらをチョイスしました。

何日か使用していたら、ほんの少~しだけ目の周りが明るくなってきたような気がしたり、しなかったり……。まあ、すぐにわかりやすい効果が出るわけじゃないんですが、こういうのは自己満足によるところが大きいと思うので、何かには効いていると信じて使ってます。

 

もともとボディークリームで人気が出たブランドということもあり、メイクアップ商品よりスキンケア/ヘアケア商品のほうがラインナップは厚め。旅行バッグに余裕があれば、もっとそっちを試してみたいところです。

以上、Oriental Princessのレヴューというか雑感でした。それにしても化粧品の紹介って勝手がわからない。世の中の美容ライターさんを尊敬してしまいます。この調子で次回はBeauty Cottageを紹介……できるのか?

 

【お知らせ】東南アジアで買い付けてきたアイテムをこちらで販売中。春夏は水着やリゾート服を中心に、秋冬はアクセサリーを中心にラインナップしています。ぜひチェックしてみてください。

 

ランキング参加中。↓をぽちっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村