FAR-OUT ~日本脱出できるかな?~

現在は旅の記事をお休みし、旅関連の本を紹介する読書ブログに切り替えています。

タイ発のストリート文化を発信するAbsolute Siam 前編

突然ですが、東南アジアのマーケットを巡っていて「どこもかしこも同じような物しか売っていないな~」と感じたことはないですか?

例えばタイの場合だとゾウ柄のタイパンツ、Changビールのタンクトップ、ポンポン付きのかごバッグ、空き缶で出来たトゥクトゥク、木製のサングラスなどなど。

1個1個は別に悪くないアイテムであっても、至るところに山積みされていたせいで買う気が失せた……なんて経験をしているのは私だけじゃないはずです。

そこで、他人と被らないタイ産グッズをお探しの方にオススメしたいセレクト・ショップ、Absolute Siam Store(アブソルート・サイアム・ストア)を取り上げてみることにしました。

 

伝統と今様のストリート文化との融合

f:id:emi13_farout:20210103152839j:plain

Absolute Siam Storeの場所はBTSサイアム駅1番出口と直結しているSiam Center(サイアム・センター)の中。

Siam Centerと言えばややサブカル寄りの新進ファッションを展開する場として知られ、例えば昨年の日本進出でも話題になった韓国のALAND(エーランド)もここに出店しています。

常設の店舗はもちろんのこと、エスカレーター横などに設置された期間限定のポップアップ・ショップがこれまたホット。

ネクスト・ブレイク間違いなしのパーソナルケア・メーカーアクセサリー・デザイナーと出会え、行くたびに嬉しい発見がある施設なのです。

そんなバンコク有数のお洒落スポットのFL 1に店を構えるAbsolute Siam Store。念のためFL 1は日本的な1階ではなく、駅に直結しているメザニンフロア(中2階)の1つ上。海外の階数の数え方がいまだによくわかりません……。

f:id:emi13_farout:20210103162626j:plain
パープルグリーンを基調とした内装は非常にカラフル。ショップのコンセプトを意訳すると〈タイの伝統文化からインスピレーションを受けつつ、それを我流に解釈した風変りなストリート・ファッションの提案〉といった具合です。確かに店内を軽く見渡しただけでも風変りなアイテムがそこここに。

ではでは具体的にどんな商品を販売しているのか、その一部をブランド別にチェックしていきましょう。

 

①Daroon

1つ目は先述のショップ・コンセプトをわかりやすく体現しているDaroon(ダルーン)です。看板商品は古くからあるマッチ箱のデザインをリアレンジしたミニサイズのサコッシュ(590 THB/約2065円)。

f:id:emi13_farout:20210103155119j:plain

同じモチーフで形違いのショルダー・バッグ(990~1250THB/約3465~4375円)やキャンバス・トート(950THB/約3325円)、ワッペン(値段不明)も大々的に売り出していました。

f:id:emi13_farout:20210103155200j:plain

もうちょっとお手頃価格なアイテムだと、ポストカード(60THB/約210円)やノート(350THB/約1225円)他、ステーショナリー類も充実。バラ撒き用のお土産にピッタリです。

 

②Khuqclub

f:id:emi13_farout:20210103155246j:plain

続いては先述のDaroonと比べてタイっぽさが希薄ながら、店員さんいわく「この数年でセールスをグイグイ伸ばしている」というKhuqclub(クッククラブ)。

タイでもアウトドア・ファッションへの人気が高まる中、ウォータープルーフメッシュ加工を施した製品の性能の良さが、口コミで評判を集めているそうです。

f:id:emi13_farout:20210103155317j:plain

ご参考までにバケット・ハットが690THB(約2415円)、キャップが790THB(約2765円)、ショルダー・バッグがSサイズ290THB(約1015円)、Mサイズ390THB(約1365円)、Lサイズ890THB(約3115円)。

 

③Walking Stitch

3つ目にご紹介するWalking Stitch(ウォーキング・ステッチ)もスタッフさんからプッシュされました。

店頭に並んでいたのはバンダナをパッチワークっぽく繋げたシリーズ。Walking Stitchで使っているペイズリー柄はすべて完全オリジナルなんですって。

f:id:emi13_farout:20210103155821j:plain

お値段はクラッチ・バッグが380THB(約1330円)、ノートPCケースが990THB(約3465円)、トート・バッグが1490THB(約5215円)。

自慢のペイズリー柄はさておき、ところどころでレトロかつアジアンチックな花柄を混ぜている点に目が行きました。

パッと見た限りはわりと普通でも、よくよく眺めてみるとAbsolute Siam Storeの提唱する風変り感がしっかり出ています。

f:id:emi13_farout:20210103155954j:plain

なお、ブランドのInstagramにはバンダナ・シリーズだけじゃなく、無地のアイテムもズラリ(むしろ主流はそっち?)。

その無地ラインはIconsiam(アイコンサイアム)内のThe Selected(ザ・セレクト)やTrue Digital Park(トゥルー・デジタル・パーク)内の101 Gallery(101ギャラリー)などに置き始めているみたいです。凄いな。まさにいまが伸び盛り。

 

……と、①②③を書いたところで集中力が途切れました。前置きが長すぎましたかね。続きは近日中にアップします。良かったら引き続きお付き合いくださいませ。

 

【お知らせ】東南アジアで買い付けてきたアイテムを販売中。春夏は水着やリゾート服を中心に、秋冬はアクセサリーを中心にラインナップしています。ぜひチェックしてみてください。

farout.theshop.jp

 

ランキング参加中。↓をぽちっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村