FAR-OUT ~日本脱出できるかな?~

現在は旅の記事をお休みし、旅関連の本を紹介する読書ブログに切り替えています。

フアヒンにあるイサーン料理の人気店×2

バンコクから簡単にアクセスできるリゾート地フアヒンのネタが続いていますが、観光スポットばかり取り上げてきたのでそろそろグルメ情報も。まずはイサーン料理(タイ東北部の郷土料理)のレストラン2軒をご紹介させてください。

 

①Ruamsaeb Yokkhok Som Tam

1軒目はRuamsaeb Yokkhok Som Tam(ルアムサエブ・ヨコック・ソムタム)。場所は大型ショッピングモールMarket Villageの隣のブロックにあり、毎日10時~22時まで営業しています。

看板メニューはもちろんソムタム種類も豊富です。軒先ではおばちゃんたちがコンコンコンコンとソムタム用の臼を叩き、通行人を誘惑。その音を聞くだけで食欲そそられまくりです。

f:id:emi13_farout:20200723092244j:plain

しかし私たちが訪店したのは15時台。かなり中途半端な時間帯だったせいか、ソムタム職人チームは不在でした。残念。

f:id:emi13_farout:20200723092323j:plain

写真下はツレが注文したパッタイ(70THB/約245円)、下は私が注文したガパオ(50THB/約175円)です。ご参考までにチャンビールは75THB(約262円)。

このテーマでブログを書くなら、せめてどちらかはイサーン料理ならではのものを頼んでおけよ」というツッコミはなしでお願いします。この時の私たちは思考が停止するほどの空腹状態だったんです。ガチで考える余裕なし。

f:id:emi13_farout:20200723092503j:plain

ガパオはタイで食べる平均的な味よりややスパイシー脂少なめ。辛い物好き+年々胃が脂負けしがちな私にはどストライク。

ランチタイムもとっくに過ぎ、中途半端な時間だったにもかかわらず、お米の状態は良く(まったく臭みがない!!)、この1皿で「美味しい物を提供しているお店なんだな~」と確信できました。

f:id:emi13_farout:20200723092536j:plain

なお、店内の様子はこんな感じ。洒落っ気はないけど、リゾート地らしい空間が広がっていて好感が持てます。

 

②Kai Yang Hua Hin

続いては、17時になると道路脇に突如として現れる屋台スタイルのKai Yang Hua Hin(カイヤン・フアヒン)。

地図やグルメサイトによっては「Roasted Chicken Hua Hin」とか「Gai Yang Hua Hin」と書かれているケースもありますが、すべて同じ店。その名の通りガイヤーン(タイのローストチキン)に定評のある1軒です。

場所はGrand Night Marketのすぐ隣、斜め前にはマリオットが建っています。

18時台後半から19時台にかけては混雑していると聞き、少し時間をずらして20時半に行ってみました。が、それでも番号札を渡されて20~30分待つことに。

f:id:emi13_farout:20200723093331j:plain

ようやく席に着いた頃には空腹もピーク。判断力がかなり落ちていて、写真下の赤線部分に目が留まり、気付けば反射的にこれをオーダーしていました。

もちろん私たちのお目当てはガイヤーン。〈Roasted Chicken〉という文字にすっかり惑わされてしまったわけです。

f:id:emi13_farout:20200723093348j:plain

言い訳をすると、微妙に暗くてメニューや写真が見えづらいんですよね。

で、実際に運ばれてきたのは、春雨がこんもり盛られた鉄鍋です(値段は120THB/約420円)。なんじゃこりゃ? 店員さんに質問したら「ガイヤーンはこっちだよ」と水色線でマークした箇所を指差されるも時すでに遅し。

f:id:emi13_farout:20200723093826j:plain

一口大に切られたローストチキンの上にナンプラーなどで味付けた春雨を乗せ、軽く炒めてあるアツアツの1品。美味しかったです。私としては結果オーライ。

とはいえ、ツレからはその後数日間に渡って「あ~、人気店のガイヤーン食べたかったな」と言われ続けました。食べ物の恨みって怖い。

f:id:emi13_farout:20200723094003j:plain

そうそう、この店はコーンサラダ(60THB/約210円)も絶品です。辛い物に強い私ですらそれなりに辛く感じるレヴェル。ツレはヒーヒー言いながら大汗かいて食べていました。

f:id:emi13_farout:20200723094103j:plain

ついでにラープ(50THB/約175円)もガッツリ辛かったです。ちゃんとイサーン・スタイル。辛さに弱い方は「あまり辛くしないでください」と一言添えてくださいね。

まさかのオーダーミスはさておき、行列も頷けるクォリティー。ただし、店員さんの手際が物凄く悪いです。

料理を待たされるのは良しとしましょう。でも「お会計ひとつでどれだけ待たされるんだよ!」と最後の最後にイライラが爆発。

f:id:emi13_farout:20200723094159j:plain

食事をしながら「また別日にガイヤーンを食べにこようか」なんて話していたんですけどね、会計遅すぎ問題によりすっかり気分が萎えました。

あまり待ちたくない場合はデリバリーしてもらうのもひとつの手。Food Panda提携店です。

 

……というイサーン料理店×2でした。どちらも好立地で、地元っ子にもツーリストにも愛されているお店。フアヒンへ行く機会があればぜひトライしてみてください。2軒目に関しては少々文句も書いてしまったものの、味は間違いないです。

 

【お知らせ】東南アジアで買い付けてきたアイテムを販売中。春夏は水着やリゾート服を中心に、秋冬はアクセサリーを中心にラインナップしています。ぜひチェックしてみてください。

farout.theshop.jp

 

ランキング参加中。↓をぽちっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村