FAR-OUT ~日本脱出できるかな?~

学生時代から夢見ていた「東南アジアで暮らすこと」を実行に移すべく、15年間続けた雑誌編集の仕事を捨てて現在はその準備中。インポートのビーチウェアなどをちょこちょこ売りながら、日本脱出の機会を窺っています。

変わりゆくオートレス・ヴィレッジで奮闘するゴハン屋さん

前回ご紹介したMushroom Pointに続いてオートレス・ビーチ周辺のお話。オートレス・ビーチを少し南下するとオートレス・ヴィレッジという場所に出くわします。何か大きな目印があるわけじゃないんですが、このあたりに店が並んでいるのはオートレス・ヴィレッジだけなので、行けばすぐわかると思います。

オートレス・ヴィレッジの端っこにあるArny's Rest Guesthouseに宿泊したため、おのずとこの近辺をウロウロすることが多く、今回は街(と呼べるほどデカくはない)の近況とよく行ったゴハン屋さんについて書いてみます。

 

オートレス・ヴィレッジの現在

f:id:emi13_farout:20190620104158j:plain

目の前のビーチはこんな感じ。人はめちゃくちゃ少なく、まったり夕日が臨めるイイ感じのスポットです。

f:id:emi13_farout:20190620104210j:plain

しかしながら、後ろを振り返ればこういう状態。以前のブログでも書いた通り、このエリアにも中国マネーがガンガン流入しています。

f:id:emi13_farout:20190620104216j:plain

牛さんたちがのんびりお散歩しているような道路の脇に、ドーンッとカジノが建っていたりして、ちょっと異様な光景。中国人観光客を相手にしたマッサージ屋という名目の風俗店もチラホラ営業していたり……。

f:id:emi13_farout:20190620104310j:plain

街(村?)の様子が短期間で一変したため、ここで商売していたヨーロッパ人たちは次々と店じまい(そこそこ賑わっていた店さえも!)。多くの物件が売りに出されていて、少し淋しい雰囲気です。私の訪れた時期が雨季に入る寸前ということも重なって、営業中であってもお客さんはゼロというお店がほとんど。そんななか、どんな時間帯に行ってもまあまあ人のいたレストランがHAPPY POP PIZZAです。

 

何でもありのHAPPY POP PIZZA

f:id:emi13_farout:20190620104243j:plain

店名とは裏腹に、カンボジアの裏名物(?)ハッピー・ピザはありません。でも、ハッピー・シェイクは5ドルで販売してます。あ、別にオススメしてるわけじゃないですよ(笑)。

f:id:emi13_farout:20190620104229j:plain

この店は何が看板料理なのかわからないほどメニューが豊富。特にピザを推しているわけでもなかったです。ローカル・フード~BBQ、欧米料理や近隣諸国のお料理まで、悪く言えば節操がない。こういう「何でもあります」的な店はクォリティーが低いイメージなんですが、HAPPY POP PIZZAは何を食べてもだいたいイケます。感動するほど美味いわけじゃないものの、味付けが優しく、ついつい食べたくなってしまうような……家庭料理みたいなノリでしょうか。加えてお値段もリーズナブルです。

f:id:emi13_farout:20190620104252j:plain

ひとつ補足しておくと、この店に「本格的な味」を求めてはいけません。例えば、マッサマン。煎ったorペースト状にしたピーナッツではなく、生のピーナッツが何となく付け足されています。これじゃ入れる意味があんまりない。私たちの知るいろんな具材の持ち味が複雑に絡み合った、深い味わいのあのマッサマンとは完全に別モノです。ガーリック・トーストにしたって、ニンニクがゴロッとそのまま乗っていたし、総じて何かが少しずつ間違っています。だけど、それなりに美味いから許せちゃう。そんなこんなでシハヌークビル滞在中の約1週間は、飽きもせず毎日ここへ行っていました。

f:id:emi13_farout:20190620104304j:plain

念のため地図も貼っておきます(↑)。

 

ラップサンドがウリのMarwella

f:id:emi13_farout:20190620104256j:plain

もう一軒、比較的お客さんが入っていたのはMarwella。HAPPY POP PIZZAの通りを少しだけ奥に進んだら右側に見えてきます。

f:id:emi13_farout:20190620104301j:plain

ここはメニューが少なく、ケバブを包んだラップサンでピンポイント勝負。一応ネパールのモモのような料理(見た目は餃子)もありましたが、これはオーダーしませんでした。上の写真はチキンラップ(1.5ドル)。野菜も採れてお得感あります。1人2本は余裕で食べれてしまう味とサイズ感。

なお、ハラール料理店なのでお酒は一切飲めません。飲み物のメニューは水かコーラか7UPか……みたいな感じ。オートレス・ビーチ周辺であれば配達もしてくれるそうです。

 

今回のシハヌーク旅では食べ物で冒険するようなことはほぼなく、HAPPY POP PIZZA然り、決まったお店にだけ足を運んでいました。かつて人気のあったOtres City Restaurant and Barも閉店していたし、イタリア人オーナーの作るピザ&パスタが好評だったJinすら、かろうじて営業していたものの店自体は売りに出されていたし……。周辺の工事が終わるまではしばらくこんな状態が続くのかな。

時間さえ経てば街も少しは落ち着きを取り戻すはずですし、いま残っているオーナーの皆さんには何とか踏ん張ってこの状況を乗り越えていただきたいです。カンボジアが大好きで、シハヌークもやっぱり嫌いにはなれないので、年内にまた途中経過を見に行けたらいいな。

 

【お知らせ】東南アジアで買い付けてきたビーチウェアなどをこちらで販売中です。ぜひチェックしてみてください!